ぷらっとホーム、IoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT Family」全機種対応の標準ソフトウェア「FW3.3」を提供開始

ぷらっとホーム株式会社は、IoTゲートウェイ製品シリーズ「OpenBlocks IoT Family」(以下、OpenBlocks IoT)の標準IoTゲートウェイソフトウェア「FW3.3」を本日1月18日から提供開始した。

「FW3.3」は、同社のIoTゲートウェイ製品OpenBlocks IoT全機種で利用可能。パブリッククラウドやオンプレミスシステムを問わないIoTシステムの構築、「IoTセンサー・デバイス パートナープログラム」を活用したソリューション、また本番環境で強力な運用を支援するAirManage 2によるゲートウェイリモートマネジメントが利用可能となる。

IoTシステムでは、顧客の目的に応じた様々な「センサー」や「デバイス」が用いられるが、これらの機器は通常「IoTゲートウェイ」とよばれる中継装置を経由してIoTシステムに接続される。

「IoTセンサー・デバイス パートナープログラム」とは、この「センサー」や「デバイス」と「IoTゲートウェイ」の連携を強化することにより、IoTシステムのスムーズで安定性の高い構築を実現し、顧客への価値向上とIoT市場の拡大を目指したぷらっとホームと各参加企業の相互協力による協業プログラムだ。

ぷらっとホーム、IoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT Family」全機種対応の標準ソフトウェア「FW3.3」を提供開始

【関連リンク】
IoTゲートウェイソフトウェア「FW3.3」

Previous

5G商用化で見えた現実と、展開が求められる活用法 ーCES2019レポート26

リコーと北斗が脳機能ビッグデータと解析支援ツールを開発、認知症の早期発見へ

Next