KDDI、IoTやRPA等の統合型マネージドソリューション「KDDI GX Platform」を海外展開する法人向けに提供

海外に事業展開している日系企業では、資産・運用・管理の再配置および最適化や運用・管理のフルアウトソース、インフラコストの最小化、セキュリティを含むITガバナンスなど、各国におけるIT環境への対応が課題だ。さらに、IT技術の進化に対応するため、ITエンジニアなどの人材を各国で確保し、IT環境を維持していく必要もある。

そこで、KDDI株式会社は、海外に事業展開する法人顧客向けに、ネットワーク、セキュリティ、RPA(Robotic Process Automation)、IoTなどの各ソリューションを一元的にサポートする「KDDI GX(Global Exchange)Platform」を、本日1月18日から提供開始した。

「KDDI GX Platform」を利用することで、各国における共通サービスの利用や、運用・管理のフルアウトソース、インフラコストの最小化、セキュリティを含むITガバナンスなど、海外事業展開を行う法人が抱えるITに関する課題を改善し、人員配置の最適化やコストの最小化を実現。IT環境の整備を行うことができる。

顧客のIT環境にあわせて必要なサービスのみを利用することができ、ビジネス環境にあわせて拡張や縮小が可能。初期投資は不要で、月額課金でサービスの利用が可能だ。

「KDDI GX Platform」は、KDDIシンガポールが管轄するエリア(シンガポール、ベトナム、インドネシア、マレーシア、タイ、フィリピン、ミャンマー、カンボジア、インド、アラブ首長国連邦、オーストラリア)から提供を開始し、順次拡大を検討する。

主な提供サービスは以下の通り。

  1. KDDI managed service
    リモートモニタリングやメンテナンス等の統合型グローバルマネージドサービス。
  2. UiPath with KDDI
    ロボットとの協業でルーチンワークの可視化と自動化を行い、各国に配置されたRPAエンジニアが業務をサポート。データセンター、クラウド、ネットワークを含めたトータル提供が可能。
  3. SORACOM with KDDI
    SORACOMのIoTプラットフォームを活用し、IoTサービスをセキュアかつ安価に提供。
  4. Zscaler with KDDI
    クラウドを活用し様々な環境・デバイスに応じたセキュアなWEBアクセスを提供。
  5. KDDI Cloud Inventory
    クラウドで業務端末を一元管理。自動セキュリティ診断をすることが出来る。

その他の提供サービスはKDDIシンガポールのホームページを参照。

【関連リンク】
KDDIシンガポール(KDDI Singapore)

Previous

リコーと北斗が脳機能ビッグデータと解析支援ツールを開発、認知症の早期発見へ

お腹まわりのサイズが自動でわかる、LIONの新発想ウェアラブル「ながら腹囲チェッカー」 ―ライオンイノベーションラボ インタビュー【第3回】

Next