IoT人気記事ランキング|TOTOの公共トイレ見える化 CES2019レポートなど[1/14-1/20]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 TOTOの公共トイレの見える化 ーCES2019レポート12

ラスベガスで開催されていたCES2019レポートの第12弾はTOTOだ。
→詳細はこちら

2位 SAMSUNG、LGのスマートホーム ーCES2019レポート16

ラスベガスで開催されていたCESレポート第15弾は、サムスン、LGのスマートホームに関するレポートだ。
→詳細はこちら

3位 5G商用化で見えた現実と、展開が求められる活用法 ーCES2019レポート26

ラスベガスで開催されたCES2019レポートの第25弾はIoTNEWS生活環境創造室室長の吉田氏による論考だ。
→詳細はこちら

4位 オムロンの新型ヘルスケアバンド ーCES2019レポート22

ラスベガスで開催されていたCES2019レポートの第22弾は、オムロンだ。
→詳細はこちら

5位 YAMAHAは、ドローンや新しい乗りものを展示 ーCES2019レポート13

ラスベガスで開催されていたCES2019レポートの第13弾はYAMAHAだ。
→詳細はこちら

6位 Arm、顧客データと実店舗のIoTデータを統合管理する小売業向けの「Arm Retail」ソリューションを発表

Eコマースが成長を続けている一方で、全世界の小売売上高の約90%は、実店舗からもたらされている(※1)。最近発行されたSJCのレポート(※2)によると、買い物客と店舗の商品やブランドとのエンゲージメントに関する情報を取得するため、IoTセンサーやビーコン、カメラを設置した店舗が増えているという。
→詳細はこちら

7位 BOSCHのインテリジェント棚 ーCES2019レポート14

ラスベガスで開催されていたCES2019レポートの第14弾はBOSCHだ。
→詳細はこちら

8位 三菱地所、顧客の行動・購買データを分析するビーコン活用した実証実験を横浜みなとみらいで実施

横浜のみなとみらいエリアにあるMARK IS みなとみらい、ランドマークプラザ、スカイビルの商業施設ではチラシ配布やポスターといった紙媒体での集客・販促施策が多く、集客活動の成果を「売上」や「入館者数」などで捉えている。しかし、それだけでは顧客の来館までの経路や施設内での回遊状況、購買に至る迄の様子を把握して分析することが難しい状況だった。
→詳細はこちら

9位 NVIDIA、VOLVOの量産車にレベル2+のコンピュータ ーCES2019レポート17

ラスベガスで行われていたCES2019レポートの17弾は、NVIDIAだ。
→詳細はこちら

10位 アイシンのパーソナルモビリティは安全性を徹底的に追及 ーCES2019レポート21

ラスベガス開催されていたCES2019レポートの第21弾はアイシンだ。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

足に伝わる「感触」でこどもの迷子を防ぐ、LIONがつくる新発想のウェアラブルライフガジェット「NOSSY」 ―ライオンイノベーションラボ インタビュー【第4回】

富士フイルムHD、画像診断を行う次世代AI技術開発拠点「Brain(s)九州」を開設

Next