エイシング、クラウドを介さずリアルタイムに自律学習できるAIチップをリリース

近年、エッジコンピューティング領域においてAIを活用する、「エッジAI」のニーズが急速な高まりを見せている。エッジとは、FA機器やスマートフォン、コンピューターが内蔵された自動車といった、利用者の近くにある機器を指す。また「エッジAI」とは、これまでクラウド上で実行されることが一般的であったAIの情報処理をエッジ側で実行する考え方だ。

このほど、エッジAIスタートアップの株式会社エイシングは、エッジAIにおいて、同社独自のAIアルゴリズム「ディープ・バイナリー・ツリー(以下、DBT)」を搭載したAIチップ「AiiR(エアー) チップ」を本日1月23日に提供開始した。

同社では、エッジ側の計算環境を高めるのではなく、機械制御に特化して学習するデータを絞ることでエッジ側での学習と予測を実現する。「AiiR チップ」に搭載されている「DBT」は、これまで一般的であった、大規模な計算環境を必要とするディープラーニングとは異なり、クラウドと連携することなく導入機器単体で学習でき、超軽量動作、高速データ処理、リアルタイム学習、スタンドアローン(自律学習)を実現したAIアルゴリズムだ。

これらの特徴により、経年劣化や環境変化をはじめとする個体差を補正することが可能になる。

Previous

ダッソー・システムズとCognata、自動運転車の開発をバーチャル検証できるソリューションを提供

ソニーのエンタテインメントロボット「aibo」、家族をみまもる新サービス「aiboのおまわりさん」提供開始

Next