ウミトロン、水産養殖向けスマート給餌機「UMITRON CELL」を開発

UMITRON PTE. LTD.及び、ウミトロン株式会社は、スマートフォン・クラウドを活用した生簀の遠隔餌やり管理が可能な、水産養殖向けスマート自動給餌機「UMITRON CELL」を開発し、愛媛県愛南町内の養殖現場への設置を開始した。

UMITRON CELLは遠隔管理ができるため、現場作業を軽減し、天候不良時等の危険な環境下での洋上作業が短縮できる。また、摂餌状況の確認やムダ餌の削減による環境負荷の低減や、生育データ蓄積による業務プロセスの体系化、生産ノウハウの伝承、生産現場の見える化によるトレーサビリティの向上に繋がる。

Previous

デジタルで、さらに拡張されるカラダ -CESで感じたスマートホームの課題

NTTドコモ・NTTなど、AI運行バスを活用した「さっぽろ観光あいのりタクシー」の実証実験を開始

Next