B Inc.のこどものプログラミング学習用「IchigoJam BASIC」、「sakura.io」活用の通信用コマンドを標準搭載

B Inc.とさくらインターネット株式会社は、IoTやAI、ビッグデータを活用したデータ事業での業務提携を行っている。

このほど、B Inc.は、こどものプログラミング教育ツールソフトウエアとして開発した「IchigoJam BASIC(イチゴジャム ベーシック)」のver1.3を本日1月25日にリリースした。

IchigoJam BASICは、セットアップ不要・シンプル・安価でプログラミング学習用に開発されたOSだ。ビデオケーブルでテレビにつなぎ、PS/2キーボードを差し込み、microUSBを電源としてつなぐだけで、プログラミングの学習を始められる。

従来、さくらインターネットのIoTプラットフォーム「sakura.io(※)」モジュールの仕様を把握してプログラミングする必要があった通信処理を、同バージョンアップでは、コマンド一つで実現できるようになった。

※ sakura.io:モノとネットワークでデータを送受信するためのsakura.ioモジュール、通信環境、データの保存や連携処理に必要なシステムを一体で提供するIoTのプラットフォーム。

Previous

NTTドコモ・NTTなど、AI運行バスを活用した「さっぽろ観光あいのりタクシー」の実証実験を開始

STマイクロエレクトロニクス、スマートコネクテッド機器向けBluetooth・LPWA対応の無線開発キットを発表

Next