IDC、国内の産業用無線LAN機器市場は68.3%の成長率で拡大と発表

企業:

IDC Japan株式会社は、国内産業用ネットワーク機器市場に関する予測を発表した。

これによると、成長を続ける国内産業用ネットワーク機器市場の中でも、2018年は産業用無線LAN機器市場が68.3%の前年比成長率で拡大したという。

作業現場における無線技術の活用の進展が、産業用無線LAN機器市場の成長につながっている。工場内やプラント設備内での設備稼働状況や傾向の確認、さらには産業機器の設定などにおいて、作業者の利便性が高いことからモバイルデバイスの利用が増えている。

また、移動型ロボットや無人搬送車など工場内/敷地内を移動する機器を活用するインフラとして、無線LAN環境を整備する動きも産業用無線LAN機器市場を押し上げている。こうした工場やプラント設備における無線LANの活用は今後さらに本格化し、産業用無線LAN機器市場は2018年~2023年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)で54.6%と高成長を続けると予測した。

無線LANに加えて、産業用イーサネットスイッチと産業用ルーターを加えた国内産業用ネットワーク機器市場全体は、速度をやや落としながらも成長を続けている。IoTやスマートファクトリー化に対してどのように取り組むかは、依然として製造業を中心に国内企業の重要な課題の一つだ。

一方で、IoT市場初期の高揚感が落ち着きを見せ始めていることから、2018年の国内産業用ネットワーク機器市場は、前年比15.8%増と2017年の高成長からは落ち着いた結果に終わった。ネットワーク接続する「デバイス」である製造機械などの産業機器や、プラント/設備のライフサイクルが長いことが爆発的な成長につながり難い理由の一つになっている。

IoTや産業機械のネットワーク化に対する企業の意向は依然として強いことから、歩みは緩やかながらも、産業用ネットワーク機器市場は今後も成長が続くとIDCでは予測している。

「潜在的なネットワーク化需要の高さ」「ネットワークの高度化志向」「ネットワーク技術の共通化/イーサネット化志向」がけん引役になり、市場全体は2023年にかけてCAGR 19.4%で成長し、市場規模は239億円に達すると予測している。

前述の通り、生産設備のライフサイクルは、IT機器のライフサイクルに比べて長期に及ぶ。

このような市場特性から、IDC Japan コミュニケーションズ グループマネージャーの草野賢一氏は「産業用機器のネットワーク化に対しては、企業ユーザーもベンダーも長期的に取り組むべきである。生産設備の入れ替えと共に産業用ネットワーク機器ビジネスも進展すると見越して、長期的計画の下でベンダーはビジネスを進めることをIDCは推奨する」と述べている。

Previous

三井不動産リアルティ・NTT東日本など、ICT機能付高機能自動販売機の設置で「Minato City Wi-Fi」を拡大

ラピスセミコンダクタ、Sigfoxサービスエリアを拡張する「LPWAブリッジ通信用ソフトウェア」を開発

Next