リストインターナショナルリアルティ、VR活用の3D内覧システムを導入

不動産仲介・販売企業のリストインターナショナルリアルティ株式会社(以下、LIR)は、VR内覧システム「マーターポート3Dリアリティーキャプチャープラットフォーム」を2019年1月から全支店で導入開始した。

同VR内覧システムは、米国Matterport, Inc.の「Matterport True3D(マーターポート・トゥルー3D)」技術が使用された、3Dスキャンカメラと画像合成処理・配信クラウドサービスだ。

従来のVR映像に比べて、目が感じる違和感を出来る限り払拭した3Dカメラ技術と画像合成処理技術が採用され、映像酔いせずに現実の室内空間を歩いているようなウォークスルー体験が得られ、実際に目で見る際と同じくらい正確な距離感を映像で再現する。WEBページ上での閲覧のほか、手持ちのスマートグラスを利用することで、よりリアルな物件映像を見ることができる。

現在、LIRが販売する戸建・マンションのうち、約60の物件にVR内覧システムが導入され、今後も導入を進めていく予定だ。

Previous

住信SBIネット銀行と日立、AI審査サービスを提供する合弁会社設立

ソフトバンク、「竹芝地区開発計画」のIoT・AI活用したスマートビルに本社を移転

Next