オプティムとみちのく銀行、スマート農業を推進する地域商社 「株式会社オプティムアグリ・みちのく」を設立

株式会社オプティムと株式会社みちのく銀行は、農業と金融の分野でAI・IoTの活用を推進するため、「AI・IoT戦略的包括提携」を昨年締結した。これまで同提携の取り組みとして、青森県の基幹産業である第1次産業の農業の発展を図るべく、オプティムが新たに設立した「スマート農業アライアンス」にみちのく銀行が参画し、実証実験を行ってきた。

このほど、両社は連携をより強化しスマート農業を推進すべく、合弁会社であるスマート農業地域商社「株式会社オプティムアグリ・みちのく」を設立した。

オプティムアグリ・みちのくでは、オプティムのスマート農業ソリューションを活用し生産者と連携した農作物の生産と販売、スマート農業に関する総合商社機能の提供、スマート農業に関するコンサルティングサービスの提供、その他、青森を中心とした地域の発展や貢献に必要なAI・IoTサービスの提供を行う。

Previous

KCCS、屋内向け小型Sigfox基地局「Access Station Micro」レンタル開始

リンクジャパン、ガスと水道メーターのスマート化を実現する遠隔検針システム「eMeter」発売

Next