NEC、NTTコミュニケーションズ・NTTドコモ・東武鉄道による列車への高精細映像伝送実験で5G基地局を提供

日本電気株式会社(以下、NEC)は、NTTコミュニケーションズ株式会社、株式会社NTTドコモおよび東武鉄道株式会社が実施した、5Gを活用した高速走行中の列車への高精細映像伝送実験に、5G基地局(※)を提供した。

同実験は2018年12月17日~21日に、埼玉県春日部市で東武スカイツリーラインの列車を用いて実施され、線路沿いに設置した4.5GHz帯・28GHz帯対応の5G基地局から、4K・8Kの高精細映像を時速約90kmで走行する列車内の5G移動局に伝送し、リアルタイムに大型ディスプレイに表示した。また、列車内の無線LANを通して乗客が持つことを想定した40台のスマートフォン端末に映像を配信した。

NECの5G基地局は、5G移動局の位置・方向に電力を集中させたビーム(指向性)を形成するMassive MIMOアンテナを搭載しており、移動局の動きに合わせてビームを追従させることで、常に移動局に最適なビームを形成する。そのため、同実験のように高速で移動する列車などの中にある移動局に対しても高データレート(伝送速度)かつ高品質な無線データ通信を実現する。

同実験を通して、列車やバスなどによる高速移動中でも、5Gを活用した高臨場・高精細映像コンテンツの伝送が可能であり、場所やシーンを問わず様々なメディアの大容量コンテンツ配信サービスを実現できることが確認された。

※4.5GHz帯対応のMassive MIMOアンテナを搭載した5G基地局および移動局には、総務省の委託研究「第5世代移動通信システム実現に向けた研究開発~高周波数帯・広帯域超多素子アンテナによる高速・低消費電力無線アクセス技術の研究開発~」プロジェクトの成果の一部が含まれている。

Previous

FAプロダクツと日立システムズ、協働ロボット導入など工場のスマート化で協業

ジェムアルト、クアルコムのLTE IoTモデムを基盤とするLPWAモジュールプラットフォームを開発

Next