ボクシーズ、アプリが地域の魅力を案内するデジタル観光ツアーアプリ「SpotTour」を開発

ボクシーズ株式会社は、12言語対応のデジタル観光ツアーアプリ「SpotTour(スポットツアー)」を開発した。

「SpotTour」は、アプリが地域の魅力を案内するデジタル観光ツアーアプリ。クラウドガイドと呼ばれる企画者がツアーを準備し、主催者は観光客などの参加者にツアーを無料や有料(予定)で提供する。アプリが観光案内を行うため、参加者は気に入ったツアーに1人でも参加できる。巡ったコースの順路や時間はSNSでシェアすることも可能だ。

アプリが地域の魅力を案内 12言語対応のデジタル観光ツアーアプリ 「SpotTour」

同アプリは、東京地下鉄株式会社(以下、東京メトロ)が実施するオープンイノベーションプログラム「Tokyo Metro ACCELERATOR 2018」の最終選考で採択され、「デジタル観光ツアーアプリを利用した、東京の新たな魅力の発見」をテーマに、GPSとIoTによる位置情報を活用した、ガイドなしで観光地を巡ることができるアプリ完結型のスタンプラリーツアーを提供する。

Previous

経産省、電子タグを用いた情報共有システムの運用実験を開始

Cybershoes、VR空間内を自由に歩行できる家庭用VRデバイス「Cybershoes」開発

Next