オリジンワイヤレスと東電、Wi-Fiセンサー技術を応用した介護施設向け「スマート見守りサービス」の実証実験を開始

Origin Wireless Japan株式会社(以下、オリジンワイヤレス)と東京電力ホールディングス株式会社(以下、東電)は、介護施設を対象とした「スマート見守りサービス」の実証実験を開始した。

同サービスは、オリジンワイヤレスが開発したWi-Fiセンサー技術を応用した端末「Origin-Bot」を、介護施設の各居室内のコンセントに設置することで、Wi-Fi電波の変化の状況から、居室内での動作や呼吸の状況をリアルタイムに検知することが可能になる。

また、これら各居室内の検知データは、東電の持つ屋内通信技術により、新たなLAN回線を要さず、既設の屋内配線を利用したデータ通信で、介護スタッフがリアルタイムに確認できる。

Previous

エクストリームネットワークス、企業ネットワークをサイバー攻撃から保護する「Defender for IoT」を提供開始

富士通と札幌医科大学、糖尿病患者への投薬効果をAIが予測する共同研究開発に着手

Next