製造業におけるデータの利活用状況 ーものづくり白書2018

データの利活用を主導する部門、生産プロセス等のデータの収集・活用の状況

付加価値の源泉となるデータの利活用が「現場主導」から「経営主導」に移り、経営上の重要な課題である、との意識が高まっている。

データの利活用を主導する部門、生産プロセス等のデータの収集・活用の状況

一方、実際の利活用状況に本格的な変化は起きていない。

データの利活用を主導する部門、生産プロセス等のデータの収集・活用の状況

データ利活用をビジネスモデル変革に結び付けるためにも、経営主導による具体的行動が重要といえる。
(2018年ものづくり白書「概要」より抜粋)

INSIGHT

設備の稼働実績や、トラブルによるチョコ亭の発生など、製造現場でデータ収集を行っているケースは多い。一方、こうしたデータは活用されていないことが多い。

その理由としては、紙やExcel帳票に書かれているため、非構造化データとして補完されているケースが多いからだ。つまり、検索したり集計・分析できるデータベース化ができていないといえる。

製造現場におけるIoT導入は、本来こうしたデータをデータベース化して、利活用するところから始めるべきだ。しかし、多くのベンダは、「IoTが出来る」と称する新しい、高額な機器やシステムを売り込む手段としてIoTを語るケースも多いように思われる。

データを収集するだけではなく、データを活用してサービス化できるような、データベース化に進んで欲しい。
(IoTNEWS製造領域エバンジェリスト 鍋野)

Previous

NTTコミュニケーションズ、 「ID Federation」でスマートフォンを使用した生体認証ログインが可能なメニューの提供を開始

今野製作所に学ぶ、ヒトとヒトをつなぐデジタル活用

Next