総務省、プラットフォームサービスに関する研究会の中間報告書(案)に対する意見を募集

近年、プラットフォーム事業者が大量の利用者情報を活用してサービスを提供していること等を踏まえ、総務省は、プラットフォーム事業者の利用者情報の適切な取扱いの確保の在り方等について検討するため、2018年10月から「プラットフォームサービスに関する研究会」を開催している。

このほど、1月31日に行われた第5回会合で示した主要論点(案)の討議を踏まえ、中間報告書(案)が取りまとめられ、同案について2月16日から3月8日まで、意見を募集する。

出典:総務省ホームページ

Previous

Arm、演算能力を強化し強力な機械学習と信号処理を実現する「Arm Heliumテクノロジー」を発表

IBMがGarmin・Guardhat・ミツフジ・SmartConeとコラボレーション、ウェアラブルIoTで作業者の安全監視を支援

Next