オプティムとNTTドコモ、固定翼型ドローンとLTE活用した目視外長距離飛行での広域リアルタイム映像伝送の実証実験を実施

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、空の産業革命レベル3(※1、2)を実現するために必要な長距離目視外飛行の実証実験を、佐賀県有明海沿岸で2019年1月16日~18日に行った。同実証実験では、長距離・高速飛行が可能な固定翼型ドローン(以下、オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスが用いられた。

オプティムとNTTドコモ、固定翼型ドローンとLTE活用した目視外長距離飛行での広域リアルタイム映像伝送の実証実験を実施
セルラードローン用通信デバイス

ドコモはドローンに積載可能な小型・軽量のLTE通信デバイスと遠隔監視・映像伝送システムを開発し、通信デバイスをオプティムの開発したオプティムホークに搭載して、佐賀県有明海沿岸約20km、佐賀県有明海沿岸と福岡県有明海沿岸との間の約22kmの飛行航路で平均速度約90km/hで飛行実験を行った。

オプティムとNTTドコモ、固定翼型ドローンとLTE活用した目視外長距離飛行での広域リアルタイム映像伝送の実証実験を実施
遠隔監視・映像伝送システムの画面

オプティムホークの飛行状況とオプティムホーク前方に設置しているカメラからの映像をLTEネットワーク経由でリアルタイムに専用サーバへ伝送する技術を実証した。

オプティムホークは長距離・高速飛行が可能で、現在広く利用されているマルチコプター機では到達困難な10km以上遠方へ飛行でき、マルチコプター機と比較して約3倍程度早く目的地へ到達できる。さらに、セルラードローン用通信デバイスを搭載することで、LTEサービスエリア内であればドローンの場所によらずリアルタイム映像伝送が可能になる。

これにより、将来的には水産業での赤潮発生状況把握や、農業での植生データの広域取得、災害発生時の人命救助をより広域、かつ、迅速に行うことが可能になる。

※1 空の産業革命:2018年6月15日に「小型無人機に係る環境整備に向けた官民協議会」が取りまとめて公表した「空の産業革命に向けたロードマップ2018~小型無人機の安全な利活用のための技術開発と環境整備~」のこと。
※2 レベル3:無人地帯(山、海水域、河川、森林等)での目視外飛行(補助者なし)のこと。

Previous

VIOの映像監視システム「ArgosView」とISPのAIエンジン「SENLI」が連携、製造業向け映像ソリューション開発を加速

立体音響技術を活用した「聞こえる地図」の実証実験をつくば市で実施

Next