西菱電機、今ある工場機械をIoT化する「信号灯状態検知ユニット」提供開始

西菱電機株式会社は、「信号灯状態検知ユニット」を本日2月20日から提供開始した。

「信号灯状態検知ユニット」を利用することで、旧式の工場機械でこれまで計測できなかった、リアルタイムでの機械の稼働台数、稼働時間、稼働率をIoTダッシュボードでリアルタイムに確認やデータの蓄積ができるようになる。計測したデータは、実際の生産量と比較して、稼働率と生産性の検証などに活用できる。

「信号灯状態検知ユニット」は、今ある工場機械に後付けができるため、工場機械の入れ替えなどのコストはかからない。用途や使用環境に応じて、センサーやゲートウェイなどのハードウェアや、データの送信頻度を選択できるため過剰仕様にならず、経済的である。

料金は以下の通り。
西菱電機、今ある工場機械をIoT化する「信号灯状態検知ユニット」提供開始

Previous

東芝デジタルソリューションズと東陽テクニカ、産業・社会インフラ向けセキュリティ分野で協業の検討を開始

総務省、「IoT国際競争力指標(2017年実績)」を公表

Next