Agx、BLEデータをセンサーコーパスにシームレス接続する「ThingBridge for SensorCorpus」を発表

ウェアラブル/IoTシステム開発を行う株式会社Agxは、「スマートフォンレス」・「マルチデバイス接続」・「長距離接続」を特徴とするBLEルータを活用し、センサーデータを収集するサービスである「ThingBridge」を提供している。

IoTのBLE通信環境においてセンサーデバイスとのスマートフォンレス接続が可能な「ThingBridge」では、BLEデータ収集ルータからクラウドまでの仕組みをパッケージングした事により、利用ユーザーは月額費用を支払うだけでデータ収集可能な環境を構築できる。

Agxは、「ThingBridge」とIoTサービス独立専業ベンダーである株式会社インフォコーパスが提供するユニバーサルIoTプラットフォーム「センサーコーパス(SensorCorpus)」のシームレス接続が可能である、「ThingBridge for SensorCorpus」を発表した。

「センサーコーパス」は、業種や目的を限定せず、またセンサーや機械の種類に関係なくIoTデータの収集・蓄積・活用ができるユニバーサルIoTプラットフォーム。また、「ThingBridge for SensorCorpus」は、ThingBrideクラウドに集約したBLEセンサーデータをダイレクトに「センサーコーパス」に接続できるサービスである。

「ThingBridge for SensorCorpus」を使うことにより、ユーザーはすでに購入可能なBLEデバイスを選定・設置するだけで、センサーデータの可視化から解析、分析などを、クラウド上で行うことができるようになる。

これにより、IoTシステムの初期導入コストの削減、サービス実現までの時間短縮をすることが可能であり、また大量多様なセンサーデバイスからのデータを一元的に管理しやすくなるという。

今後、Agxは「ThingBridge for SensorCorpus」と接続するBLEデバイスとをパッケージ化した、ソリューションの開発を開始する。

Previous

STマイクロエレクトロニクス、ソフトウェア付属のIoT機器向けセキュア・エレメント評価キットを発表

日通、インテル・ハネウェルと協業でIoTを活用した輸送状況可視化サービスを開発

Next