Preferred Networks、本社周辺にロボット向けソフトウェア・ハードウェアの試作や検証を行うメカノ工房を開設

機械学習・深層学習技術は、ロボティクス分野のソフトウェアにおける認識・制御などで活用されている。

このソフトウェアの性能向上に向けて、株式会社Preferred Networksは、東京都大手町本社周辺にロボットハンド等のロボット向けハードウェアの試作や検証を行うための、ラピッドプロトタイピング環境が伴ったメカノ工房を開設する。メカノ工房でロボット実機を試作し、付随するラピッドプロトタイピング環境でロボット実機を検証するサイクルを迅速に行うことができる。

これにより、ソフトウェアとハードウェア両面からロボット関連の研究開発を行うことができ、ソフトウェアエンジニアとハードウェアエンジニアが互いの領域を身近に学びあえる環境を整えることで、新たな技術革新につなげるという。

メカノ工房に導入済みまたは導入予定の主な工作機械は、以下のとおりだ。

  • 5軸マシニング
  • 3軸マシニング
  • NCフライス
  • 汎用旋盤
  • カーボン3Dプリンタ
  • 樹脂積層3Dプリンタ
  • 光造形3Dプリンタ
Previous

位置情報活用O2Oソリューション「popinfo」が顧客データ分析プラットフォームを提供開始

Nature、家庭のエネルギーマネジメントができる「Nature Remo E」を発表

Next