ビットキー、AI顔認証を活用したスマートロックの開発を開始

キーテクノロジースタートアップの株式会社ビットキーは、生体認証機能を備えたスマートロックの開発第一弾として、顔認証機能付スマートロックの開発を開始する。台湾のテクノロジー企業であるサイバーリンク株式会社と、基本合意文書を締結し、サイバーリンクのAI顔認識SDK「FaceMe」を使用して開発を行う。

FaceMeは、サイバーリンクがエッジデバイス向けに提供しており、スタンドアローンで動作するディープラーニングを使用したリアルタイムAI顔認識エンジンである。

今後は、「顔認証」だけでなく「指紋認証」や「虹彩認証」などのあらゆる生体認証を活用することを目指し、ビットキー独自のスマートロック開発を進めていくとのことだ。

Previous

ArmとVodafone、シンプルなIoT導入環境を実現するための提携合意を発表

DeNAとSOMPOホールディングス、個⼈間カーシェア事業とマイカーリース事業の合弁会社2社を設⽴

Next