シグニファイジャパン、工場向けIoT照明ソリューション「Interact Industry」を発表

シグニファイジャパン合同会社は、照明のIoTプラットフォーム「Interact」より、工場向けのIoT照明ソリューション「Interact Industry(インタラクト インダストリー)」の日本での提供開始を発表した。

また、これに組み合わせる照明器具として、新たに30,000lm(ルーメン)の大光量のLED高天井照明器具「GreenPerform HighBay Elite(グリーンパフォーム ハイベイ エリート)」シリーズを本年4月より発売する。

シグニファイジャパン、工場向けIoT照明ソリューション「Interact Industry」を発表
LED高天井照明器具「GreenPerform HighBay Elite(グリーンパフォーム ハイベイ エリート)」

シグニファイジャパンは、照明のIoTプラットフォーム「Interact」を用いて、スポーツ、ランドマーク、インダストリーなど、照明を使用するシーンに応じた製品との組み合わせによるIoT照明ソリューションを提供している。

今回新たに日本での提供を開始する「Interact Industry」では、商業施設や工場、倉庫などをはじめとする高天井の施設において、照明の遠隔操作やモニタリング、データ蓄積によるエネルギーの効率化を図る製品だ。

さらに、フォークリフトや人の動きを収集して解析し、オペレーションが滞り易いエリアの配置を最適化したり、労働災害が起こった際には、すぐさま感知して照明と連動させることによって、二次災害を防ぐ。

また、今回「Interact Industry」に組み合わせる製品として新たにラインナップに加わったフィリップスブランドLED高天井照明器具「GreenPerform HighBay Elite」シリーズは、最大30,000lmの大光量を実現しながらも、従来製品と比較して最大約70%の省エネルギーで使用することができるという。

同製品では、まぶしさを押さえ、対象物が見えづらくならないように配慮した快適な明るさと、正確な色の再現により、屋内作業の際にも照明が邪魔をしないという。

同シリーズの既存製品よりもスリムなデザインで、施設内のフックやパイプ、ブラケットへ取り付けることが可能だ。

Previous

製造業のデジタル時代の品質保障体制の在り方-ものづくり白書2018

KDDIとKDDI総合研究所、災害救助向け「ドローン基地局」を用いた携帯電話位置推定技術を開発

Next