ミツフジ、生体情報技術を活用したストレス可視化ソリューション「hamon for stress」を販売開始

2015年に企業でのストレスチェックが義務化され、近年では改革への取り組みの一環として「健康経営」に取り組む企業が増えている。多くのストレスチェックではアンケートによる点数集計の分析を元に、ストレス改善につながる対応策が実施されているのが現状だが、「人事評価を気にして正直に回答しない」「自分ではストレスに気が付いていない」など、見えないストレスがあることが考えられ、誤った判断を誘発してしまうリスクがある。

そこでミツフジ株式会社は、「職場環境の見える化」を実現することを目的にストレス可視化ソリューション「hamon for stress」のサービスを3月から販売開始する。

従来のストレスチェックによる主観データに加えて、心電心拍などの生体情報を収集できる同社のスマートウェア「hamon」により生体情報を取得し「ストレスの定量化」を可能にする。また、客観的な分析レポートをもとに高ストレス者はストレス対策メニューを実施し、継続利用でPDCAサイクルに貢献する。

サービスには、1ID当たり以下の内容が含まれている。

  • hamonウェア3着
  • トランスミッタ―1台(充電用USBケーブルtypeBは別途購入が必要)
  • クラウドサービス料
  • ストレス対策メニュー(ストレスチェック57項目、医師による診断や、肩こりメニューなど含む)
  • バイタルデータによる環境・個人分析レポート
Previous

凸版印刷、スマートシティ実現に向けてPlanetway・トッパントラベルとMICEプログラムを提供開始

NTTコミュニケーションズがスポーツ分野のデジタルトランスフォーメーションに向け、AI・AR活用のスポーツ観戦アプリ「SpoLive」を開発

Next