スイッチスマイル、ビーコン活用のロケーションマーケティングプラットフォーム「pinable_Marketing」を提供開始

位置情報連動型広告は、これまでGPSやWiFiを使ったものが大半だったため、正確な来店検知や商品ごとのユーザーの関心度を分析することが困難だった。

そこで、株式会社スイッチスマイルは、Beaconを活用したロケーションマーケテイングプラットフォーム「pinable_Marketing」の提供を開始した。Beaconを活用することで、よりピンポイントな位置情報を利用した広告やマーケティング分析のソリューションを行うことができる。

例えば、店舗への正確な来店検知を行い、来店ポイントの付与や店舗に来店後にリターゲティング広告などの配信が可能になる。店舗の棚やコーナーごとにBeaconを設置し、ユーザーの行動分析や商品への関心度を計測することもできる。また、Beaconへの接触で取得したロケーションDMPを使い、RF分析やリピーター分析などを行い効果的なレコメンドが可能になる。

来店はしたが商品購入にいたらなかったユーザーへのリターゲティング広告の配信や、ロケーションDMPを使ったリアルタイムなペルソナを使ったターゲット広告など、今まで見えていなかったターゲットユーザへの効果的なアプローチも可能になるという。

Previous

ABEJA、AI開発の初期仮説検証を行う 「ABEJA Platform Accelerator」(α版)試用開始

リンクジャパンの「eRemote mini」がシャープの「RoBoHoN」と連携、ロボットの家電操作が可能に

Next