ソフトバンクとホンダ、二輪車でのコネクテッド機能の有用性を検証

ソフトバンク株式会社は、本田技研工業株式会社(以下、Honda)と連携して、二輪車におけるコネクテッド機能の有用性の検証を、宮古島の電動二輪車のレンタルサービス「宮古カレン」で2019年3月6日から開始する。

宮古カレンで貸し出されるHondaの電動二輪車「PCX ELECTRIC(原付二種クラス)」に、ソフトバンクの通信網につながる車載器を搭載し、PCX ELECTRICの位置情報や走行距離、速度、バッテリー残量などのデータをリアルタイムに収集・分析して、二輪車におけるコネクテッド機能の有用性を検証するとともに、これらのデータから観光客の行動を分析し、宮古島における観光客誘致の取り組みや、宮古カレンの効率的な運用に繋げる。

宮古カレンは、宮古島のアクティビティーとして電動二輪車をレンタルするサービスで、株式会社カレンスタイルが運営している。顧客はホテルや指定した場所でPCX ELECTRICの借用・返却ができ、島内のホテルやレストラン、カフェなど16カ所には、バッテリーの交換スポットが設置される。

Previous

リンクジャパンの「eRemote mini」がシャープの「RoBoHoN」と連携、ロボットの家電操作が可能に

VUZIXの拡がるスマートグラスのユースケースとこれからの課題解決 -MWCバルセロナ2019レポート6

Next