IDC、国内IoT市場は2023年まで13.3%で成長と予測

IDC Japan株式会社は、国内IoT市場におけるユースケース(用途)別/産業分野別の予測を発表した。国内IoT市場におけるユーザー支出額について、2018年の実績(見込値)は6兆3,167億円であり、その後、2018年~2023年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)13.3%で成長し、2023年には11兆7,915億円に達するとIDCでは予測している。(トップ画像)

主要産業分野13業種の内、個人消費者を除く12業種を比較してみると、予測期間を通じ、組立製造、プロセス製造、官公庁、公共/公益、小売、運輸の支出額が目立っており、特に製造業の支出額が突出している。

個人消費者のIoT支出額の成長性は相対的に高い傾向にあり、2023年には組立製造に次いで2番目に大きい市場になる見込みだ。これは、国内外のB2Cビジネスに強みを持つ大手ベンダーが中心となり、ディープラーニングなどの高度なデータアナリティクス技術をIoTと組み合わせることで、スマート家電やスマートホームオートメーションといった分野での新サービスの創出に注力していることなどが関係している。

スマートホーム以外の成長性が高いユースケースとしては、農業フィールド監視、小売店舗内リコメンド、コネクテッドビル(照明)、スマートグリッド/メーター(電気)、テレマティクス保険などが挙げられる。これらは、2018年~2023年のCAGRで20%を超える成長が期待される。

IDC、2018年の国内IoT市場は6兆3,167億円と発表
世界IoT市場 支出額の産業セクター別/地域別の割合、2017年と2022年の比較
世界のIoT支出額を5つの産業セクターに分類したうえで、各セクターにおける2017年と2022年の地域別の割合を示したもの(参考資料2)を見ると、製造/資源セクター(製造業、建設業、資源業を合算したセグメント)における日本の割合は他のセクターよりも際立っている。これは国内のGDPに占める製造業の割合が大きいことに加え、「Connected Industries」など、製造業のIT化を通じて国力を高めていこうとする政策がその要因となっている。

IDC Japan コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストである鳥巣 悠太氏は、「IoTに対する支出額は世界的に高い成長が見込まれるが、それらをユースケースの観点から地域別に比較すると、さまざまな特徴の違いが見られる。したがって、海外で今現在成功しているユースケースを国内向けにカスタマイズして取り入れることで、ベンダーの新しい収益につなげることが重要になる」としている。

また「日本国内において特徴的なユースケースを海外へ水平展開すべく、国内と類似したニーズがある地域を模索することも肝心である。ユースケースの「輸入と輸出」を積極的に進めることが、ベンダーの収益拡大には必須になる」と述べている。

IoT/AIのトレンドや事例をお調べですか?
IoTNEWSでは、IoT/AIのトレンドレポートを毎月作成、法人会員限定で配布しています。 また、毎月有識者による様々なテーマでの勉強会を実施しております。
詳細はこちら
Previous

fitbitがより手軽に、より手頃になった新しいウェアラブルデバイスを発表

三菱地所とソフトバンク、5Gを活用した防災訓練の実証実験を実施

Next