国土交通省、スマートシティモデル事業を公募

国土交通省は、関係省庁・団体と一体となって、AI・IoT等の新技術や官民データをまちづくりにとりいれたスマートシティを推進している。

このほど、民間企業、地方公共団体等が持続可能で分野横断的な取組を目指して、都市・地域問題に係るソリューションシステムを実装するモデル事業の公募を本日3月15日から4月24日まで行う。選定されたモデル事業には、国土交通省の直轄調査による計画策定や実証実験等の取組の支援などが行われる。

同公募は、民間事業者等及び地方公共団体を構成員に含む協議会(コンソーシアム)等の団体を対象に行われ、事業の選定は、5~10事業程度で、有識者の意見等を踏まえて5月頃に選定・公表が予定されている。

出典:国土交通省ホームページ

Previous

JAL・KDDI等、5Gを活用した航空機整備の遠隔作業支援を行う実証実験を実施

KDDIと沖縄セルラー、「au HOME」にIoTで快眠をサポートするサービスを拡充

Next