帝都タクシー×むすぶのBeaconによる「スマホアプリ連携サービス」の実地検証を開始

帝都自動車交通株式会社と株式会社むすぶは、帝都自動車交通が保有する全タクシーの車内でiBeaconを活用したスマホアプリ連携に関する実地検証を開始した。

 

【実地検証内容】

帝都自動車交通が保有する全534台のタクシー車内にむすぶのBeacon端末を搭載し、iBeacon対応スマートフォン向けアプリに対して情報を配信する。
タクシーに乗車したアプリユーザへプッシュ通知を行い、アプリの立ち上げを促すことで、客のタクシー車内における時間の有効活用を図る。また、新たな広告メディアとしてのBeacon活用の可能性を検証する。

今回の実験では、株式会社Xenlon(シェンロン)の提供する「善暦(ぜんごよみ)」と連携している。

今後は、さらにタクシー配車アプリや時間の有効活用を目的としたアプリとの連携を順次予定している。

 

【実地検証の時期/エリア】

日時 : 2016年1月12日~3月末迄
エリア : 東京23区
対象アプリ : 「善暦」アプリ(2015年版、2016年版)、その他(順次追加予定)
対象タクシー : 帝都タクシー全534台(2016年1月時点)

 

【関連リンク】
帝都自動車交通
むすぶ
Xenlon(シェンロン)

Previous

電通アイソバー、グローバルネットワーク13か所で展開しているテクノロジー・ラボ「nowlab(ナウラボ)」を日本国内で本格始動

インフォコーパス、機械やデバイスのフィードバック制御を行う機能をSensorCorpusに実装

Next