タイムズ24、ESRの物流施設で予約制駐車場マッチングサービス「B-Times」を提供開始

タイムズ24株式会社が提供する「B-Times」は、空いている土地スペースを有効活用したい人と、外出先などで確実にクルマをとめたいドライバーをマッチングする予約制駐車場サービスだ。

個人宅や企業の敷地の一部などを、費用負担なく手軽に登録・収益化できることから、2016年8月のサービス開始以来、駐車場の登録数を増やしている。

このほど、タイムズ24株式会社は、ESR株式会社が運営する大型物流施設2カ所で予約制駐車場マッチングサービス「B-Times」の提供を開始する(3月20日~)。

ESRは香港にグループ本社を置き、アジア太平洋地域に特化した物流施設の開発を行う物流不動産企業。日本国内には21の物流施設を有している。

今回対象となる大型物流施設は、ESRが展開する埼玉県の1カ所と千葉県の1カ所で、いずれも高速道路のインターチェンジからほど近い立地となっている。

「B-Times」にとって、トラック等の大型車両専用駐車スペースを物流施設で展開するのは今回が初めてだ。両社は主に長距離ドライバーの休憩場所の利用を見込んでいるという。

Previous

オプテックス、IoT化した街路灯で防災に強いまちづくりの実証実験を開始

ソフトバンク、自社のサービスなどをGoogle アシスタントで教えてもらうことが可能に

Next