ウイングアーク1st・MAGLAB・シブタニ、トイレ個室利用状況を可視化したメンテナンスフリーのIoTソリューションを共同開発

商業施設やオフィス、駅舎内における公共トイレは、往年に比べて設備が整って清潔感のある快適なトイレが増えてきた。しかし、トイレの混雑解消やIoTを活用した取り組みは未だに十分とは言えない。これにより、トイレを探す手間が増え施設内のサービス提供が滞ったりと、生産性の低下を解消できずにいる状況である。

株式会社MAGLABと株式会社シブタニ、ウイングアーク1st株式会社(以下、ウイングアーク)は、メンテナンスフリーのトイレ個室利用分析IoTソリューション「AirSTATUS for SWITCHSTRIKE Air」を共同開発し、提供を開始した。

「AirSTATUS for SWITCHSTRIKE Air」は、京都二条城でも運用されているトイレ個室利用状況分析システムを元に開発されており、シブタニが企画開発した電池交換が不要な自己発電トイレドアセンサー「SWITCHSTRIKE Air」を利用したサービスである。

「SWITCHSTRIKE Air」から発せられたトイレ個室ドアのロック状態を判別可能な無線信号を、ゲートウェイデバイス上の株式会社ソラコム提供の「SORACOM Air」を介して、クラウド上にデータが蓄積される。蓄積したデータは、ウイングアークのクラウドBIダッシュボード「MotionBoard Cloud」によって、リアルタイムの満空状態の表示、過去の利用実績を分析できる。

「AirSTATUS for SWITCHSTRIKE Air」の特長は以下の通りである。

  • トイレドアセンサー「SWITCHSTRIKE Air」を利用することで、トイレの施錠金物として受部には無線通信デバイス「EnOcean」が組み込まれており、トイレの使用状況を電池レス・配線レスで無線送信することができる。また、ドライバー1本で簡単に設置でき、ロック・開錠操作で自己発電できるためメンテナンスフリーとなる。
  • トイレを監視しているといった違和感を与えないようなデザインにすることで、トイレドアセンサーにありがちな無骨な後付け感をなくした。
  • MotionBoard Cloudと組み合わせ、トイレ入口や専用アプリで満空表示することで、リアルタイムの現状確認はもちろん、利用データの蓄積により、日別または時間帯別の利用時間・平均利用回数も分析できるので、混雑回避や清掃計画に活用できる。これにより、不特定多数の人が訪れる商業施設や観光施設、イベント会場などで、トイレの利用効率や利便性向上、施設管理の適正化に貢献できる。

このようなサービスを企画から稼働まで実現するには様々な手配と調整が必要だが、今回3社が共同で「IoT SELECTION connected with SORACOM」上のサービスとして開発し、利用個数に応じた月額費用にて短期間で利用開始が可能となった。

Previous

逆転の発想で観光客をいろんな場所に導け ー宮島 Digitalization Hack2019 レポート2

ディズニーの21世紀Fox買収にみる、コンテンツメーカーとコンテンツアグリゲーターの戦い

Next