オン・セミコンダクター、NVIDIAと自律運転車シミュレーションで提携

オン・セミコンダクターは、イメージセンサ・モデリング技術を活用して、NVIDIAのシミュレーション・プラットフォーム「DRIVE Constellation」に、リアルタイムのデータを提供することを発表した。このオープンでクラウドベースのプラットフォームによって、大規模なHILS(ECUテスト装置)テストと自律運転車の検証用に、ビット単位の精度を持つシミュレーションが実行できるという。

オン・セミコンダクターのイメージセンサのモデルは、まず周囲の情報と制御信号の両方をDRIVE Constellationから受信し、その入力に基づきリアルタイムの画像を計算し、出力する。そして、そのシミュレーションされた画像をDRIVE Constellationの処理のために戻す仕組みとなっている。

今後同センサモデルは、写真をデジタル出力に変換する過程のすべての重要パラメータ(量子効率、ノイズ、ゲイン、アナログ・デジタル変換、黒レベル補正など)を活用し、現実世界のイメージセンサの正確な出力を提供する予定である。