オプテックス、アナログ4-20mA出力対応のIoT無線ユニット「アナログコンバーター」を発表

昨今、ビルや工場など各種施設にて、センサーや計測器から得られたデータを収集し、さまざまな設備管理・稼働状況の把握、温度や湿度データの見える化などによるモニタリングサービスが広がっている。

オプテックス株式会社は、ビルや工場など各種施設の設備監視のIoT化を実現する、アナログ4-20mA出力対応のIoT無線ユニット「アナログコンバーター」を発表した。

オプテックスでは、これらのサービスをより実現しやすくするための接点・パルス出力センサーやスイッチと接続できるIoT無線ユニット「ドライコンタクトコンバーター」を昨年4月から発売している。

今回、さらにアナログ出力の主流である4-20mA出力センサー・計測器と接続できるIoT無線ユニット「アナログコンバーター」を開発した。

以下、4-20mAアナログコンバーターの特徴だ。

  • 4-20mA入力に加え接点入力も対応
  • 2チャンネルの4-20mA入力に加え、接点入力も装備予定。設備監視用途に応じた運用ができる。

  • 既存のセンサーや計測器をIoT化
  • 既存のセンサーや計測器に「アナログコンバーター」を接続するだけで、現在ご活用されている機械やシステムをIoT化することが可能。

  • Sigfoxによるデータ通信
  • LPWA通信のSigfoxに対応し、Sigfox経由でクラウドサーバーに転送。

  • 電池駆動で工事不要
  • 設備監視などで利用されるセンサーや計測器は、屋外や高所など作業環境の悪い箇所に設置される場合が多いた
    め、電源工事不要の電池駆動で、5年以上の電池寿命だ(使用回数によって異なる)。

  • 屋外使用可能な防水構造(IPX5)
  • さまざまな環境でIoTソリューションに対応するための防水構造。屋外でも利用できる。

オプテックス、アナログ4-20mA出力対応のIoT無線ユニット「アナログコンバーター」を発表
アナログコンバーター活用事例
Previous

芸術大学が提唱する文系理系の枠組みを超えるアート系人材育成とは ー京都造形芸術大学 事務局長 吉田大作氏インタビュー

ドアtoドアの経路検索からタクシー配車、「NAVITIME」と「JapanTaxi」が連携

Next