PTC、3D CADプラットフォームの最新版「Creo6.0」を発表

米PTCは、設計・製造関連機能を単一環境で提供するCreo 3D CADプラットフォームの最新版「Creo6.0」を発表した。Creo6.0は、作業効率化のための様々な機能に加え、新たにリアルタイムシミュレーション機能、ARおよび付加製造を考慮した設計のための機能を提供する。

Creoのすべてのライセンスで、クラウドベースのARが利用できる。設計情報の共有や、同僚、サプライヤー、顧客、製造委託先との安全な共同作業を可能にし、設計・製造の段階でよりすばやく繰り返し検討を実施し、試作数を減らし、デザインレビューを実施することができる。Creo6.0では、最大10件のエクスペリエンスのモデルや権限の管理、スマートフォン、タブレット、HoloLensを使用したモデルのフルスケール表示が可能になる。

Creo Simulation Liveを使用すると、モデリング環境でシミュレーションを迅速かつ容易に実行できる。設計上の意思決定についてリアルタイムのフィードバックが得られるため、設計者は、より短時間での繰り返し検討、より早い段階での問題の顕在化、作業フローの効率化、コストの低減、より多くの選択肢の検討、製品のより早い市場投入が可能になるという。

ユーザーはCreoの環境で設計、最適化、検証、プリントチェックが完結できるため、プロセス全体の時間、単純作業、ミスの減少につながる。Creo6.0では、3Dプリント用の新しい格子構造、ビルド方向定義、スライス機能によって、高度かつ柔軟に付加製造のための設計を行うことができる。ビルドの方向の分析、最適化に関しては、プリント時間の短縮、サポート構造の最小化、トレイ使用率の最大化を図ることが可能。3MFのサポートも拡張している。

また、Creo6.0では、効率的なユーザー体験を実現するフィーチャーの作成・編集のための新たなミニツールバー、最新のフィーチャーダッシュボード、モデルツリーの機能強化等のユーザインタフェース改善を含む操作性向上を実現している。その他、高度なフレーム設計やインテリジェントファスナーの機能を提供するエクステンション、モデルベースの定義、ケーブル設計、モデリングのコア機能等で、さまざまな機能強化が盛り込まれている。

Previous

ファミリーマートとパナソニック、IoT活用の次世代型コンビニエンスストア実現に向けて実証実験店舗をオープン

AIUEOと新潟県長岡市、ディープラーニングを活用した歩行者通行量調査の実証実験を実施

Next