スマートロック「NinjaLock」を提供するライナフ、第三者割当増資を実施、三菱地所グループと業務提携

株式会社ライナフは、事業の強化を目的として、三井住友海上キャピタル株式会社及び三菱地所株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施し、資金調達を行った。

また、三菱地所株式会社及びそのグループ会社(以下「三菱地所グループ」)と不動産業界向けのソリューションを共同開発していくことを発表した。

 

ライナフは、スマートロック「NinjaLock(*1)」をはじめとするデバイスと周辺アプリケーションを提供する企業。

『LifeをよりEnoughへ』をコンセプトに掲げ、不動産×ITを事業領域として、人々の生活をより充実させるデバイス・サービスの提供と不動産業界を変革するプラットフォームの創出に向け、挑戦している。

 

【第三者割当増資について】

今回の調達は、開発スピードの向上とマーケティング体制の強化を目的としている。既に昨年末よりエンジニアの積極採用、アライアンスパートナーとの提携を本格的に開始されており、調達資金を集中・積極的に投資することで、成長を加速させていくという。

<引受先の概要>
・三井住友海上キャピタル株式会社
※同社が運営する投資事業有限責任組合
・三菱地所株式会社

 

【三菱地所グループとの業務提携について】

同社は、IoTやスマートデバイスをはじめとするICTの活用を通じて、入居を検討中の客や既存の入居者へ新たな価値を提供するほか、不動産業界の構造を変革し次世代のスタンダードとなるプラットフォームの創出に向け、今後、三菱地所グループと共同で下記の取り組みを進めていく。

・ライナフのスマートロックソリューション「NinjaLock」の導入
・三菱地所グループの賃貸住宅「ザ・パークハビオ」に向けたスマート内覧(*2)の先行提供
・不動産業界向けソリューションの共同開発

 

(*1)「NinjaLock」
「NinjaLock」は、工事不要で取り付けられる後付型スマートロック。Bluetooth、Wi-Fiモジュールを標準搭載し、スマートフォンだけでなく、フィーチャーフォンの音声通話や、専用ウェブサイトによる開閉操作が可能。

(*2)スマート内覧
「NinjaLock」が持つ、特定の相手に特定の時間帯のみ利用可能な鍵の開閉権限を付与する機能を活用し、内覧希望者が、インターネット上から内覧予約をするだけで、不動産仲介の店舗に来店することなく、直接現地に出向いて営業マンの立ち合いなく、自由に1人で内覧ができる仕組み。

スマートロック「NinjaLock」を提供するライナフ、第三者割当増資を実施、三菱地所グループと業務提携

 

【関連リンク】
ライナフ(Linough)
三井住友海上キャピタル(MSIVC)
三菱地所
NinjaLock

Previous

アクロクエスト、IoTプラットフォーム「Torrentio」で異常検知機能を提供開始

富士通アドバンストエンジニアリング、IoTによりイベント運営を変革する「EXBOARD」販売開始

Next