TEDがインテル・日本マイクロソフトと連携して製造業向けビジネスを強化、IoT×AI画像処理技術を用いたソリューションを提供

近年、製造業ではAIやIoTを活用することで製造現場の省人化の促進や品質管理の向上、コストダウンなどの生産性の改善が期待されている。

東京エレクトロン デバイス株式会社(以下、TED)は製造業向けビジネス強化の一環として、製造ラインの自動化・省人化・効率化を実現するIoT×AI画像処理技術製品・サービスに注力し、インテル株式会社、日本マイクロソフト株式会社との連携強化によりIoT×AI活用領域の拡大を推進する。

同プロジェクトは、インテルから提供されるヘテロジニアスなエッジコンピューティング環境をサポートし、ディープラーニングの画像推論を高速に行うOpenVINO Tool Kit&AcceleratorとマイクロソフトのクラウドサービスMicrosoft Azureで提供される豊富なAI・IoTサービスを組み合わせ、TEDの技術力と商社として培ってきたビジネスコーディネート力をもとに、AIを活用した画像検査ソリューションを提供する。

これにより、製造業の課題である導入コストや人的リソースの問題が解決できるという。

今後TEDでは、製造業向けのIoT×AI画像処理技術製品・サービスの導入促進とともに、クラウドサービスとエッジコンピューティングを活用した新しいITシステム環境を構築することで、製造業の自動化・省人化・効率化の推進を目指す。

Previous

総務省、プラットフォームサービスに関する研究会における中間報告書を公表

IDC、セキュリティソリューションに対する2019年の世界支出額は前年比9.4%増の1,031億ドルに達すると予測

Next