総務省、プラットフォームサービスに関する研究会における中間報告書を公表

近年、プラットフォーム事業者が大量の利用者情報を活用してサービスを提供していること等を踏まえ、総務省では、「プラットフォームサービスに関する研究会」を開催し、プラットフォーム事業者の利用者情報の適切な取扱いの確保の在り方等について検討を行っている。

総務省は、同研究会で取りまとめられた中間報告書(案)について、2月16日から3月8日までの間、意見募集を行い、企業や個人から合計32件の意見が寄せられた。その結果を踏まえ、中間報告書を取りまとめ、公表した。

中間報告書は、総務省のPDFを参照。

出典:総務省ホームページ

Previous

国土交通省、AIなどを活用して下水道事業の効率化を目指す

TEDがインテル・日本マイクロソフトと連携して製造業向けビジネスを強化、IoT×AI画像処理技術を用いたソリューションを提供

Next