ヤマダ電機とエンコアードが連携、ホームIoTサービス「YAMADAスマートホーム」をヤマダ電機の全直営店で取り扱い開始

株式会社ヤマダ電機は、ソフトバンク株式会社の子会社であるエンコアードジャパン株式会社(以下、エンコアード)と連携し、ホームIoTサービス「YAMADAスマートホーム」の取り扱いをヤマダ電機の全直営店で開始した。また、ヤマダ電機グループの住宅建設・販売・リフォーム事業を行う株式会社ヤマダホームズでも、同サービスを販売する予定である。

同サービスは、エンコアードが提供するエネルギーIoTプラットフォーム「エネトーク」を活用したサービスである。宅内の分電盤にエネトークを取り付けることで、エネトークを通して1秒ごとのエネルギーデータを得られるため、自宅の電気使用量をリアルタイムに測定できる。また、利用者はエネトークのスマートフォン向けアプリでこれらの電力使用量や、利用者が設定した電力使用量の目標に対しての節電アドバイスを確認することができる。

同サービスでは、エネトークを提供するほか、温度・湿度・照度・加速度を計測するマルチセンサー「エネトークタッチ」と、自宅の家電を遠隔で操作できる「スマート家電リモコン」も連携している。これにより、ドアの開閉や温度・湿度の変化などを検知して、家族の帰宅や宅内の異常が利用者に通知されるため、宅内の子どもや高齢者の見守りサービスとして利用したり、スマホで外出先から家電を操作することが可能である。

また、宅内の異常検知時に利用者から依頼を受けた専門スタッフが、家族の在宅や不審者の侵入有無を確認したり、水・カギ・ガラスのトラブル発生時に無料で作業を行うサービスや、ヤマダ電機グループの株式会社家守りホールディングス提供の住宅メンテナンス(除菌・消臭、防カビ対策、シロアリ退治など)および住生活サポート(ハウスクリーニング、不要品買い取りなど)のサービス「いえまMALL Plus」と連携するサービスも付属している。

なお、同サービスの利用料金は、機器代金が1万2800円(税抜)から、月額使用料が880円(税抜)からである。