アドバンスト・メディア、インクリメントPの地図情報を学習したナビ用AI音声認識エンジンを開発

これまで、カーナビゲーションを始めとするナビゲーションシステムに音声入力を行うためには、都度専用の音声認識エンジンの開発が必要であった。

株式会社アドバンスト・メディアは、インクリメント・ピー株式会社(以下、インクリメントP)の地図情報データベースの提供を受けて、ナビ用AI音声認識エンジンを開発し、本日4月18日から販売開始した。

ナビ用AI音声認識エンジンは、インクリメントPが独自に作成した高精度の最新地図情報(スポットデータ、駅出口や交差点、高速施設、建物ビル名称、駐車場、一般施設等)を学習させた音声認識エンジンである。車載環境に強い音響モデルを使用し、カーステレオや高架下など騒音環境下でも、高い認識率を実現する。カーナビ、動態管理システム、案内ロボット、問合せフォームの住所入力の簡素化など、幅広いサービスシーンで利用できる。

また、既にナビゲーション用の言語モデル・音響モデルを学習しているため、低コスト且つスピーディーに導入・開発することができ、企業ごとに個別の追加カスタマイズを行う事も可能だ。

Previous

凸版印刷とACCESSが協業、ZETA対応IoTデバイス2機種を開発

経産省、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」を策定

Next