日本データサイエンス研究所・東京大学・ネコリコが技術提携、電力解析AIを活用したスマートホームソリューションを提供

株式会社日本データサイエンス研究所は、AIを用いた電力データ解析・活用技術を保有しており、東京大学越塚研究室との連携のもと、スマートメータから得られる電力データを元に、AIが配送ルートを示すシステムを開発している。

中部電力株式会社と株式会社インターネットイニシアティブによる合同会社ネコリコは、暮らしを便利で快適にするホームIoTサービス「necolico HOME+」を提供している。

このほど、ネコリコと日本データサイエンス研究所、ならびに東京大学越塚研究室は、スマートホームソリューション「necolico HOME+」の高度化に資する、電力データ活用のための実証実験・共同研究において技術提携を行うと発表した。日本データサイエンス研究所は、電力データと家庭設備のセンサデータを解析するAI(電力解析AI)の提供を行い、対話型インタフェースの実現に寄与する。

実証実験は数十世帯を対象として本年3月から開始されており、その後、現在提供中のネコリコのIoTサービスにおいて活用される予定だ。

Previous

NEC、銀行・証券口座開設時などの本人確認業務をオンラインで行う本人確認サービス「Digital KYC」を提供開始

バカン、IoT活用で多目的トイレの空満状況をマップ表示するサービスを川崎市での国際競技大会で提供

Next