ソフトバンクと横浜中華街、スマートシティ推進で協業

ソフトバンク株式会社は、横浜中華街の発展のために活動する横浜中華街発展会協同組合(以下、中華街発展会)と、横浜中華街におけるスマートシティの推進などで包括的に協業すると発表した。

今後、通信サービスやIoT技術、データを活用したデジタルマーケティングなどの導入に向けて取り組む。また、横浜中華街で実施されるイベントでの集客を目的とした連携、さらにはソフトバンクによる協賛についても検討・協議する。

この取り組みの第1弾として、ソフトバンクとヤフー株式会社の共同出資会社であるPayPay株式会社が提供するスマートフォン決済サービス「PayPay」を、中華街発展会に加盟する全店舗への導入を順次進めていくとした。

Previous

VDOO・マクニカネットワークス・NTT-ATが提携、IoTセキュリティ診断サービスを提供

東急東横線・目黒線 武蔵小杉駅等でLPWA「ZETA」活用のIoT実証実験を開始

Next