ソニーネットワークコミュニケーションズ、MVNE事業とIoT向け通信サービスを展開する会社を設立

昨今、従来のスマートフォン向けを中心としたMVNEサービスに加えて、IoT向け通信サービスのニーズが高まっている。

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、MVNE事業に関する権利義務を、新たに設立したソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム株式会社に承継させる会社分割を開始した。

ソニーネットワークコミュニケーションズは、2013年4月にMVNE事業を開始しており、今春にはトリプルキャリアに対応するなど順次サービスを拡充してきた。

MVNE事業の主体をソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォームに移すことで、事業運営や意思決定のスピードをこれまで以上に高め、IoT通信領域での事業拡大と従来のMVNEサービスに加えて、今後様々なIoTサービスを支える基盤となる通信プラットフォームサービスを提供していく予定である。

Previous

アイリス、インフルエンザ診断支援AI医療機器の開発等に向けて塩野義製薬と資本業務提携を締結

ニューロスペースがEarlySenseと業務提携、国内でのSleepTech事業を推進

Next