ソフトバンク・東急エージェンシーなど5社、データを活用して広告接触・視認状況を解決する交通広告の実証実験を実施

株式会社東急エージェンシー、ソフトバンク株式会社、シナラシステムズジャパン株式会社、株式会社マイクロアドデジタルサイネージおよび株式会社Legolissは、交通広告に関して、Wi-Fiアクセスポイントなどのデータを活用する実証実験を2019年5月下旬から実施する。これまでの交通広告が抱えてきた広告接触および視認状況の可視化といった課題の解決を目指す。

実証実験の広告販売開始時期は2019年5月下旬、広告掲出期間は2019年9月2~29日だ。東急線の主要駅に展開している以下のデジタルサイネージ計8カ所が対象媒体となっている。

  • TOQサイネージピラー東急百貨店東横店2階
  • TOQサイネージピラー田園都市線渋谷駅
  • TOQサイネージピラー東横線渋谷駅ヒカリエ改札前
  • TOQサイネージピラー東横線横浜駅
  • TOQサイネージピラー目黒線目黒駅
  • TOQサイネージピラー東横線/目黒線武蔵小杉駅
  • TOQサイネージピラー東横線/大井町線自由が丘駅
  • TOQサイネージピラー田園都市線/大井町線二子玉川駅

同実証実験の開始に先立ち、統計的な処理で匿名化を施した「ソフトバンクWi-Fiスポット」のデータなどを活用して、上記8カ所のデジタルサイネージの広告視認可能者数を推定し、各広告の価値を算出している。これは、広告出稿を検討している広告主に広告視認可能者数を予測するためのデータを提供し、広告の到達数を基にしたプランニングを行うためだ。

また、従来の商品設定とは異なる、放映時間を分割した放映時間帯指定枠での広告販売を実施し、その枠を購入した広告主に、掲出期間中の広告視認推定者数や推定属性などのデータのリポート提供も行う。これにより、今後の交通広告の出稿を検討するための参考データとして活用できる。

今後、デジタルサイネージと連動したスマートフォンへの広告配信をオプションとして用意するなど、交通広告マーケティングのさらなる発展に寄与する施策を検討するとした。

Previous

伊那市とMONETが業務提携、医師による診察を遠隔で受けられる移動診察車の実証に向けて始動

KCCSとホシデン、Sigfox活用した物流用パレット位置管理の実証実験を開始

Next