総務省、IoT時代の電気通信番号に関する研究会報告書(案)への意見募集を開始

IoT時代の電気通信番号に関する研究会では、2018年12月から、電気通信番号に関して、M2M等による更なる需要の増大や多数の事業者による様々なサービス形態の進展に対応するための方策等の検討を進めている。

このほど、取りまとめられた報告書(案)について、総務省は広く意見を募集すると発表した。意見の募集は、本年5月16日から6月14日までだ。意見募集の結果を踏まえて、同研究会において報告書を取りまとめる予定とした。

出典:総務省ホームページ

Previous

三菱電機とHERE、路上障害情報を後続車両にリアルタイム共有する「レーンハザードワーニングシステム」を開発

三井住友海上と小田急電鉄、MaaSの保険開発で協業

Next