住友ゴム、デジタルツールを活用したタイヤ管理ソリューションを展開

MaaSの発展により、カーシェアリング、ライドシェアなど、車の所有から使用への転換が進んでいる。また、自動運転や隊列走行などの急速な技術進展と共に、タイヤ管理の自動化や予知保全サービスの提供など、タイヤ管理、車両管理ソリューションが重要になると考えられている。

このような中、住友ゴム工業株式会社は、トライポッドワークス株式会社、Sysgration LTD.の2社との基本業務提携契約を締結した。

今回の基本業務提携により、直接式TPMS(タイヤ空気圧監視システム)を使ったタイヤ空気圧管理ソリューションの展開や、他のデジタルツールを用いて得られるさまざまなタイヤデータを活用したソリューションシステムの構築を行う。今後、デジタルツールの機能追加、外部サービスとの連携を実施することで、タイヤ管理ソリューションモデルを段階的に拡張していく予定だ。

Previous

NTTコミュニケーションズ、AI活用でコンタクトセンターを迅速に構築するクラウド型ソリューションを提供開始

NTTドコモとソニーネットワークコミュニケーションズ、スマートフォンで肌解析を行うアプリ「FACE LOG」共同開発

Next