NTTドコモとソニーネットワークコミュニケーションズ、スマートフォンで肌解析を行うアプリ「FACE LOG」共同開発

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)とソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、スマートフォンのカメラで顔を撮影するだけで簡単に肌の状態を解析し、日々の生活と肌の状態との関係をわかりやすく見える化するサービス「FACE LOG」を共同開発した。

「FACE LOG」は、ソニーの肌解析サービス「BeautyExplorer」のアルゴリズムを活用しており、専用の機器を使うことなく、手持ちのスマートフォンのカメラで顔全体を撮影するだけで、「肌年齢」「しみ」「しわ」「くま」「毛穴」「肌の色み」の6項目の状態を知ることができるサービスである。解析項目は提供開始後も順次追加される予定だ。

また、「気分」「歩数」「睡眠」などの生活習慣の記録と肌の状態を、まとめレポートやグラフで比較し、生活習慣と肌の状態との相関を視覚的に確認することができる。加えて、「毎日1リットル水を飲もう」「1週間、毎日6時間以上睡眠をとろう」など、肌への効果が期待できる生活習慣が提案され、取り組んだ後の肌の状態の変化を確認することができる。

さらに、「FACE LOG」のデータをドコモのヘルスケアクラウドに蓄積し、顧客の同意のもとでパートナー企業と連携することができる。第1弾として、株式会社三越伊勢丹が運営する化粧品のオンラインストア「meeco」と連携し、同サイト上で顧客の肌の状態に合ったスキンケア用品や化粧品の提案を、2019年秋から行う予定だ。

なお、「FACE LOG」はドコモの回線契約がなくても、対応機種にアプリをインストールすることで、誰でも使用できる(※)。2019年6月にiOS向けに提供開始予定で、2019年秋にAndroid向けにも提供が予定されている。アプリのダウンロードと利用には、別途パケット通信料がかかるが、アプリの代金は無料で提供される。

※解析結果の保存やチャレンジへの参加、キャンペーンへの応募やクーポンの利用などには dアカウントの取得が必要。

Previous

住友ゴム、デジタルツールを活用したタイヤ管理ソリューションを展開

アイビーシー、IoTセキュリティ基盤サービスの実証実験を支援するサービスを開始

Next