ソニーとマイクロソフトが戦略的提携、クラウドゲームやAIソリューションの開発で協業

ソニー株式会社とマイクロソフト コーポレーション(以下、マイクロソフト)は、Direct to ConsumerのエンタテインメントプラットフォームおよびAIソリューション領域で、新たな顧客体験を開発するため、戦略的提携を発表した。

両社は、それぞれのゲームやコンテンツのストリーミングサービスでの用途を目的とした、将来のクラウドソリューションをMicrosoft Azureを活用して共同開発する。また、ソニーのゲームやコンテンツのストリーミングサービスに、現在のAzureのデータセンターベースのソリューションの利用も検討する。

これにより、それぞれの世界中のユーザーに、より充実したエンタテインメント体験を提供するとともに、コンテンツ制作者コミュニティに向けて、より良い開発プラットフォームを提供することを目指す。

さらに、両社は、半導体とAIの分野での協業も検討する。半導体においては、新しいインテリジェントイメージセンサーの共同開発の可能性を探る。ソニーのイメージセンサーとマイクロソフトのAzure AIテクノロジーをクラウドとエッジを跨いでハイブリッドに統合し、ソニーの半導体とマイクロソフトのクラウドテクノロジーを活用したソリューションを合わせ、より強力で便利なサービスを法人顧客向けに提供することを目指す。

AIに関しては、直感的でユーザーフレンドリーなAI体験を提供するため、マイクロソフトの高度なAIプラットフォームとツールをソニーのコンスーマー製品で採用することを検討するとした。

Previous

DNP、5G時代に向けてスマートフォンの画面に貼るアンテナ用超微細金属メッシュ配線フィルムを開発

ウェザーニューズとKDDI、作業現場に悪天候を事前に通知するIoTクラウドサービスにカスタム機能を追加

Next