経産省・総務省・IoT推進コンソーシアム、「カメラ画像利活用ガイドブック 事前告知・通知に関する参考事例集」を公表

IoT推進コンソーシアム、経済産業省及び総務省は、カメラ画像の利活用の促進を図るため、事業者が生活者のプライバシーを保護し、適切なコミュニケーションをとるにあたっての配慮事項を整理した「カメラ画像利活用ガイドブックver2.0」を2018年3月30日に公表した。

同ガイドブックの中でも、カメラ画像の取得を始める前や、実際に取得を実施する際に、生活者が容易に当該カメラ画像の利用目的や利用方法を理解でき、必要に応じて運営主体への問合せなどができるよう、必要な情報を「事前告知」「通知」することが重要だと考え、今回「カメラ画像利活用ガイドブック 事前告知・通知に関する参考事例集」を作成し、公表した。

同事例集では、「事前告知」「通知」について、事業者名を伏せた形で以下の観点から実事例が紹介されている。

  • 事前告知・通知する内容として、どのようなものが適切なのか
  • 物理的な方法で実施する場合、どのような場所にポスター掲示などをするとよいか
  • 電子的な方法で実施する場合、どのようにWebサイト等を活用するとよいか

併せて、実際に事業者が行っている、生活者とのコミュニケーション上の更なる工夫も紹介している。

出典:経済産業省ウェブサイト

Previous

テクサーが東京建物とシリコンテクノロジーと連携、スマートビルディング実現に向けてZETA通信の有用性を検証

ミッションクリティカルな産業領域で活躍するMOXAの通信機器

Next