アクロディア、一戸建て住戸やオフィスビルでの利用を想定した新型インターホンIoTシステムを開発、提案開始

株式会社アクロディアは、インターホンシステムをIoT対応させた製品の新製品である「SIMインターホンIoTシステム(仮称)」の開発を完了し、顧客への提案を開始した。

アクロディアは従来より、集合住宅向けのインターホンIoTシステムの販売を行なっているが、今回は集合住宅向けではなく、一戸建て住戸やオフィスビル、駅等での利用を想定したシステムとなっている。

一般的なインターホンシステムは、子機と親機に分かれそれぞれを有線で接続し、通話や画像を転送する仕組みが主流だ。

同社は設立以来、携帯電話関連ソフトウェア開発をコア事業としてきたが、携帯電話で培った無線技術をインターホンに応用することで、有線で接続することを前提としないインターホンシステムを開発した。

新型SIMインターホンIoTシステムは、内部に携帯電話で通常利用されているSIMカードを挿入した本体を住宅やオフィス等の入り口に設置し、インターホンそのものが無線を飛ばすことで、宅内の子機やユーザの登録されたスマートフォン、コールセンター等を呼び出すことを可能とする。

また、インターネットの敷設工事を不要とし、必要な箇所にインターホンを拡張していくことで設置、取り外しが簡単だ。

同SIMインターホンIoTシステムは一戸建てから、オフィスビル、病院・介護施設、スーパー通用口、学校、駅、工事現場など、広い範囲での適用が可能となる。

たとえば、今までは警備員室のインターホン子機のみが呼び出される環境であったものが、警備員室の子機はもとより、警備員のスマートフォン等の無線端末、担当宿直員、コールセンターといった組み合わせにより、24時間、365日の応対が可能となるインターホンとなる。

アクロディア、一戸建て住戸やオフィスビルでの利用を想定した新型インターホンIoTシステムを開発、提案開始

また、同社のインターホンはオプションで顔認証システムが連動しており、よりセキュリティの高いインターホンを実現した。

合わせて、防犯カメラ機能を持ち、動体認識によりカメラ前で動きがあった場合の動画を保存し、スマートフォン、子機、センターから確認できる機能を提供し、安心、安全を高めたインターホンを実現する。

同社は今後もさらにインターホンサーバの機能拡張を行っていく。

また提供先としては、まずはビジネスパートナーとBtoBを中心とした実証実験向けの提供を行なっていく。

現在の仕様ではSIMカードは4G(LTE)を採用しているが、5Gサービスに開始に合わせ5G回線にも対応し、より高精細・大容量の防犯カメラ動画データ、インターホン動画データを扱うことが可能となり、またリアルタイムにセンターから各インターホンのカメラ動画データを監視することが可能となる。

今後、具体的な量産化、販売計画等が確定し次第、順次発表していく。

アクロディア、一戸建て住戸やオフィスビルでの利用を想定した新型インターホンIoTシステムを開発、提案開始

以下、SIMインターホンIoTシステムの特徴である。

  • インターネット回線工事不要。有線接続工事不要。
  • インターホンの設置のみで即日利用可。
  • 電源はバッテリータイプも用意(工事現場等の電源がない場所でも設置可能)
  • 国内ドアホンのサイズに準拠(JIS C8340)
  • 一般のサインポストに取り付け可能
  • 対応スマートフォンはiphone、androidの両機種
Previous

ミッションクリティカルな産業領域で活躍するMOXAの通信機器

IoT人気記事ランキング|「ARヘッドアップディスプレイ」マクセル平田氏インタビューなど[5/13-5/19]

Next