フォトシンス、ドア一体型スマートロック「Akerunコントローラー」を法人向けに提供開始

株式会社フォトシンスはこれまでサムターン式のアナログ錠に後付けできる「Akerun Pro」を用いた「Akerun入退室管理システム」を中小企業のオフィスやシェアオフィスなど約3,000社に提供してきた。同システムは入退室の権限付与や履歴確認をクラウドで管理し、勤怠管理への活用や鍵管理の自動化を行うものだ。

フォトシンスは5月27日、港区の本社にてドア一体型スマートロック「Akerunコントローラー」の法人向け提供を発表した。提供開始は6月1日を予定している。

今回提供する「Akerunコントローラー」は既設の電気錠および自動ドアを制御し、クラウド上の「Akerun入退室管理システム」で管理することができる新製品だ。これによりアナログ錠だけでなく、デジタルによる入退室管理を導入している企業についても鍵の制御・管理ができるようになる。

同社の代表取締役社長である河瀬航大氏は記者会見で「Akerunコントローラー」開発の背景について、個人情報保護法の改正および働き方改革関連法制定による入退室管理データ活用の活発化、シェア文化の醸成による「スペースをシェアする動き」の活発化があることを述べ、「Akerunコントローラー」の概要を説明するとともに同製品の実演を自ら行った。

フォトシンス、ドア一体型スマートロック「Akerunコントローラー」を法人向けに提供開始
「Akerunコントローラー」の実演を行う代表取締役社長・河瀬航大氏

会見では「Akerunコントローラー」のベータ版を導入している企業の事例についても紹介があった。そのうちのひとつである株式会社フォーブスでは、運営する24時間営業のフィットネスジムにおいて時間限定鍵を会員向けにメールで送付し、店舗運営スタッフの省力化につなげている。

そのほか、NTT都市開発の運営するシェアオフィスへの導入、住商インテリアインターナショナルにおける勤怠管理利用が事例として紹介された。

初期費用については無料。システム利用料金については月額15,000円(機器レンタル費用、サポート費用込み)を予定している。

Previous

Rapyuta Roboticsと日本マイクロソフト、クラウドロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」推進において技術提供等で連携

ソニー・NECネッツエスアイ・オリックス、LPWA通信規格「ELTRES」を採用したIoTネットワークサービスの開始に向けたパートナープログラムの受付開始

Next