Rapyuta Roboticsと日本マイクロソフト、クラウドロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」推進において技術提供等で連携

産業、ロジスティクス等の分野においても労働力不足は深刻化しており、ロボティクスによる省人化・効率化、作業の自動化は急務である。

Rapyuta Roboticsと日本マイクロソフトは、Rapyuta Roboticsが提供するクラウドロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」の推進において連携すると発表した。

両社は、Rapyuta Roboticsのロボットソリューション開発を加速させ、運用を容易にする「rapyuta.io」と、マイクロソフトのエンタープライズクラウド市場における知見やエコシスステムを組み合わせることで、物流、製造、流通などをはじめとした幅広い業種での「rapyuta.io」利用拡大を図る。

これにより、「rapyuta.io」から生み出され運用されるソリューションの導入企業は、物流拠点における作業の自動化、効率化による労働環境の改善や、省人化による労働力不足の解消とサービス品質の向上を期待できるとしている。

「rapyuta.io」は、マイクロソフトのクラウドプラットフォームMicrosoft Azure上で動作するエンタープライズ品質のクラウドロボティクス・プラットフォームだ。

両者は、企業ユーザーは「rapyuta.io」を活用することで、複雑性と非効率性を排除し、ソリューションの構築とマネジメントを直感的に行うことが可能となるとしている。

また、用意されたコンポーネントを利用できる為、システム構成要素を一から作り上げる必要は無く、それぞれの課題解決に集中することができる。

「rapyuta.io」は、複数ロボットによる協調作業や、ロボットナビゲーションなどを実現し、物流や製造、流通などの分野ですでに利用されている。

両者は、「技術協力」、「ソリューション開発」、「海外市場への展開」の3つの分野に置いて連携する。

日本マイクロソフトは、クラウドインストラクチャーおよびAIのノウハウなどの技術支援を行い、Rapyuta Roboticsは、クラウドロボティクス関連技術を提供する。

また、ソリューション開発の分野においては、「rapyuta.io」プラットフォームや、「rapyuta.io」をベースに開発された倉庫ロボット、ロボットアームソリューションなどのアプリケーションを対象に、GitHubやVisual Studio Online (rapyuta.io 上のアプリケーションの作成・編集・CI/CD) や rapyuta.ioパッケージから利用するAzure上の各種AIサービス (rapyuta.io 上 のアプリケーションからの利用など) を含めたAzureの各種サービスをパッケージ化したソリューションを開発する。ビジネス推進にあたっては、日本ユニシスのIoTビジネスプラットフォームとも連携していく予定だ。

海外市場への展開としては、日本マイクロソフトは、海外のソフトウェアおよびハードウェアデベロッパー、ロボットインテグレーターやエンドユーザーとのビジネスマッチングとプロモーションを行い、マーケットネットワークの形成を支援する。

Previous

介護サービスの課題を、現場のノウハウで解決 ーZ-Works小川氏インタビュー

フォトシンス、ドア一体型スマートロック「Akerunコントローラー」を法人向けに提供開始

Next