キヤノンMJとIBM、企業内の膨大な文書を効率的に電子化するデータ・キャプチャー・ソリューション分野で協力

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(以下キヤノンMJ)と日本アイ・ビー・エム株式会社(以下日本IBM)は、企業内の膨大な文書を効率的に電子化するデータ・キャプチャー・ソリューション分野で協力することで2016年2月8日に合意した。

両社は今回の協力で、コグニティブ技術※をベースとしたソフトウェアと手書き日本語OCR認識ソリューションを組み合わせたデータ・キャプチャー・ソリューションを提供していくという。これにより、共同で技術検証を経て、客への提案を開始し、金融、保険、製造、流通サービス、、ヘルスケアなどの業界における文書管理業務の効率化やコンプライアンス対応を支援する。

 

企業では各種申込書や請求書など紙文書帳票類の仕分けや帳票からの入力処理に多大な時間を要し、業務の効率化が課題となっている。昨年9月より施行された電子帳簿保存法(e文書法)の規制緩和により法制度の面での整備が進み、電子化の普及が期待されている。

 

キヤノンMJと日本IBMはこのような企業の課題解決を支援するため、キヤノンMJの手書き日本語OCR認識ソリューション「Rosetta- Stone-Components」のソフトウェア開発キット(SDK)を活用することで、「Rosetta-Stone-Components」と日本IBMが提供する文書の入力・分類・検証・配信基盤ソリューション「IBM Datacap」を連携させる。

「Rosetta-Stone-Components」は、キヤノンの高度な日本語OCRエンジンで、手書きや活字文字のOCR処理、スキャンした画像の補正や帳票の認識、インデックス入力などを自動化し、各業務フローごとにカスタマイズすることが可能。これにより、紙文書の手作業による仕分けや入力作業を簡略化し標準化できるようになる。

「IBM Datacap」は、膨大な書類の処理、手作業による分類とデータ入力、目視検証、保管の手間など、企業の書類業務にある課題を解決するための先進的なデータ・キャプチャー・プラットフォームだ。特に、「IBM Datacap Insight Edition」は高度な画像処理、自然言語処理、機械学習のテクノロジーを併用することで、文書の分類と内容の把握を自動的に可能にする。あらゆる種類の文書のフォーマットと構造、ワード情報、数値情報の分析が含まれており、企業が適切な措置を迅速かつ正確に判断する助けになる。

 

今回、双方のソリューションを連携することにより、日本語の手書き文字までも含めて、電子化・自動分類・キャプチャーが可能となり、時間とコストのかかる手作業を排除しながら業務の正確性とスピードを確保でき、ひいてはより多くの取引を行うことが可能となる。

両社は、金融、保険、製造、流通サービス、ヘルスケアをはじめとする各業界にて、各種申込書、契約書、画像、マルチメディアなどの、多様なフォーマットでの紙出力やデジタル文書の作成をともなう商取引の効率的な実施を支援するために、同連携ソリューションの提供を開始する。

 

※コグニティブ技術とは:これまでにない規模で学習し、目的を持って推論し、人と自然にかかわり合うことが可能なシステム。

 

【関連リンク】
キヤノンマーケテイングジャパン(Canon MJ)
アイビーエム(IBM)

Previous

ハウステンボス、大人も子供も楽しめる新たな王国『ロボットの王国』 誕生

バスキュールとプログレス・テクノロジーズ、iPad Pro専用、スクリーン上でタッチしながら自走するロボット「TABO」を発表

Next