カナミックネットワークと平和テクノシステム、介護施設向けIoT連携システムを共同開発

株式会社カナミックネットワークと株式会社平和テクノシステムは、介護施設現場の業務負担軽減並びに施設職員間での情報共有による業務効率化を図るため、IoT連携システムを共同開発した。これにより、入居者情報等の管理や介護記録、請求業務、ナースコール対応や見守りセンサー等から異常を検知した際の対応と、これまで分断された環境によって生じていた業務の負担を改善する。

販売開始に先駆けて株式会社リエイが運営する、介護有料老人ホーム「コンシェール徳丸」への導入を開始する。

Previous

コネクシオ、海外・車載での利用が可能なAI連携を想定したエッジコンピューティング・ゲートウェイを受注開始

最新ロボット利活用が見られる施設、FAプロダクツの「スマラボ」レポート

Next